メンテナンスの必要性

ソーラーシステムにおけるメンテナンスとは

ここで言うメンテナンスとは、発電の発電効率を保つために施す人的作業のことを指します。

太陽光発電は発電効率が命。太陽の日射量はもちろん重要ですが、それよりも大切な事はパネルの汚れ落としや除雪、草刈りなどの普段のメンテナンスです。

太陽光パネルはある程度の傾斜をつけて、積雪や雨対策が講じられています。しかしそれだけでは十分なメンテナンスとは言えません。
新品の太陽光パネルの発電効率が100だとすると、通常その効率は上がることはなく徐々に低下します。
さらにメンテナンスを施さずよごれたまま放置していくと、発電効率が低下すると言われています。

ソーラー発電で重要な事は「メンテナンスをしっかり行う」ということです。