代表挨拶

代表あいさつ

理事長:相場博『再生可能エネルギーを活用し、地元の発展に貢献する』
私たちはこの志を胸に、2012年8月に「三沢市ソーラーシステムメンテナンス事業協同組合」を設立しました。

県内の再生可能エネルギー発電事業は地元参入が少なく、三沢市においても県外企業がメガソーラー立地の可能性を探る動きが活発化しておりました。メガソーラー建設理由は地元企業の発展に貢献したいという想いで、三沢市の4社と協力してスタートしました。

組合というスケールメリットを活かし、メガソーラーの建設、そして売電事業による安定した財政基盤を確立させ、現在に至っております。

今後については、当施設を訓練施設として活用したメガソーラーのメンテナンス技術の向上と、新規事業による地域雇用の創出に努めます。

私たちはこれからも、いかなる困難をも乗り越え、志を貫き、地域のために邁進していく組合でありたいと考えております。